2021.02.20
HOME / 日記 / スタッフ日記 /

内窓の話

こんにちは 大工の柏尾です。

今回は、内窓の効果をお話ししたいと思います。


柏尾建設には、少し古いですが、物の表面温度を測る機械があります。
実は部屋の温度は、天井と床の温度差が少なく、温度が一定の環境の方が快適な空間と言えます。
この機械は、天井と床の温度差が少ない事を、数字で『見える化』するために買っていた物です。


さて、この機械を見つけた時に、ふと、「事務所の内窓の効果も見えるのでは?」と思い、寒い冬の夜に何枚か写真を撮ってみました。

DSC_0049.jpg































写真は内窓の窓枠の表面温度を撮っている写真です。
表面温度は7.7℃、正直室内側にしては寒いし、いま一つですが、まぁ室温はもう少し高いので着込めば頑張れるくらいの温度です。

この内窓の内側の温度が、外側の窓と比べてどれほどの差があるのかを確かめるため、外側の窓の内側の表面温度を測ってみました。

DSC_0050.jpg
































結果は氷点下以下でした。
外の窓枠の表面温度はー2℃、
内窓の内側が7.7℃だったので、9℃くらいの温度差となっています。
ちょっと外が寒すぎる気もしますが、機械はおおよそ正確に表面温度を測ってくれていると思います。

ちなみに、この結果で内窓を付ければ室温が9℃上がるかといわれると、残念ながらそんなことはありません。窓は部屋の熱が逃げる大きな要因になりますが、すべての熱が窓から逃げている、というわけではないからです。

冬場、室内の熱が逃げる割合は、床から10%・外壁から20%・換気で15%くらい逃げるといわれていますが、窓から逃げる熱が50%ほどを占めているといわれています。

どう測った数値かわかりませんが、窓の断熱性能を上げることは、冬場、部屋の熱を逃がさないためには大分効率的と言えると思います。

ちなみに夏場、窓から侵入する熱は、部屋に入る熱の70%を占めているとか・・・

いいエアコンを使っても、熱がたくさん窓から逃げては、気流が発生し居心地が悪く、快適な環境にはならないかもしれません。
内窓を付ければ熱が逃げることを抑えて、電気代も節約できます。

もう一つ内窓の魅力として、結露が減るという点が挙げられます。
脱衣場の、毎朝結露していた窓に内窓を付けたところ、ピタッと結露が無くなったというお家もあります。断熱性能が上がることで窓の表面温度が上がり、水滴が付きにくくなるのです。

あと、騒音が少なくなります。窓が一つ増えることで、外を走る車の音などが、大分小さくなります。



さて、ここまで内窓の魅力を書いてきたつもりですが、まぁ、欠点も多くあります。

まず高いです。小さな窓で5万から6万円ほどするものになります。窓の交換に比べれば安いですが、大きい窓はもっと金額が上がるので、少し悩むところです。

そして、開け閉めがめんどくさいです。外の窓の鍵を開けるとき、すぐ内側に邪魔な窓が付くので、外の窓を開けたい時にひと手間増えるので、そこはしょうがないと思うしかないです。

あとは、どこでも付くわけではない、という事も付け加えておきます。
内窓は、外の窓の鍵が当たらないところに付けなければいけません。
なので、内窓が付く窓枠の大きさが、8センチほど必要です。この広さは、狭いなら幅の広い窓枠を足すこともできますし、臨機応変に対応できると思います。


長々と書いてきましたが、内窓は、家の性能を効率的にあげるいい方法かなと僕は思っています。寒い部屋で我慢して体を壊すと、たくさん医療費がかかります。やはり、予防は最も低コストな対策だと思います。内窓も、窓のカビの原因となる結露を予防するため、寒くて体調を崩すことを予防するため、うまく使ってもらえればいいと思います。

 
この記事のトラックバックURL
ボットからトラックバックURLを保護しています
2021.01.13
HOME / 日記 / スタッフ日記 /

あけましておめでとうございます

2021.jpg






























あけましておめでとうございます
大工の柏尾です。
年一回、年賀状の画像を貼るブログのようになってきたので、今年は
仕事の写真にこだわらず、もうすこしいろいろな写真をあげられるようにしたいとおもいます。

さて、去年から、コロナウイルスの話題は毎日のようにニュースにでてきています。聞き飽きた、と言いたくなりますが、人の命にかかわるかもしれないニュースなので、無視するわけにもいきません。

しかし、私の住んでいる養父市は兵庫県の中部寄りの北部に位置しており、神戸で感染者が増加している割に感染者が増えておらず、他人事の様に感じてさえいます。

どことなくニュース番組も、マスクの生産の話や帰宅後の手洗いうがいなど、ウイルスが騒がれ始めていた時にしていた呼びかけが少なくなり、病院の苦労話や、飲食店の苦労話など、感染者を減らすより、人の興味を引くドキュメンタリー探しをされているようにも感じます。

では、どうすればいいのか、明確には誰もわからないと思いますが、どうすればいいか、は探し続けなければいけません。
新年の開始早々暗いニュースから始まっているようにも感じますが、よりよい暮らしの為に変わり続けること、考え続けることは普段からみんながすべきだと思います。

感染した人を非難するでもなく、政府の対応を非難するでもなく、いつもより手洗い、うがいを多めに行い、予防対策を徹底する事、これがまずは第一歩だと思います。

予防は最も低コストな対策だと考えています。
風邪薬を買うより、毎日適度な運動、手洗い、うがいをして、暖かくして寝る方が低コストです。

すこし偉そうなことを書いてしまいましたが、まずは自分から、毎日の手洗い、うがいを徹底し、しっかり予防から考えていこうと思います。

 
この記事のトラックバックURL
ボットからトラックバックURLを保護しています
2020.01.06
HOME / 日記 / スタッフ日記 /

令和2年 ごあいさつ

2020010609053417567.jpg
あけましておめでとうございます
大工の柏尾です。

元号が変わり、もう2年目が始まります。月日の流れは本当に早く、日々、世の中が目まぐるしく変化していることが面白いような、どこか変わってほしくないような、そんな思いが致します。
昨年はブログの更新をもっとしようと思っていましたが、あまりできていません。 月二回、あるいは月一回と、目標設定を定めてもうっかり忘れ、書く内容が定まらず、いろいろな言い訳をして、あまり上手くできていなかったように思います。

このブログでは柏尾建設をよく知らない方に、少しでも知っていただくことを目標にしています。できるだけ写真を挙げて、普段見ないような現場の事などが伝わればいいかなと思っています。

何事もそうですが、『時間が無い』という言い訳は最も簡単で、結構いい加減なものだと思います。休憩として30分や、スキマ時間の10分など、探せばいくらかの時間は簡単に見つかります。その時間を使う『やる気』が出せるかどうかが大変な、しかし大切なことだと思います。『時間が無い』という言い訳は、正しい言葉に直すと『やる気が無い』という言葉になります。その言葉を言い訳にするのは少し気が引けると思います。
今年は『やる気が無い』と言い訳をせず、うまく時間が使える方法を探していきたいと思います。




 
この記事のトラックバックURL
ボットからトラックバックURLを保護しています
2019.07.06
HOME / 日記 / スタッフ日記 /

使っていない押し入れのある家のための話

こんにちは。大工の柏尾です。


今回は梅雨時期に活発になるシロアリの話をしたいと思っています。

 先日、とあるお宅から『1階の床の一部ががふかふかする』という話を聞いて、確認のため、床下にもぐってみました。ふかふかしていた床の近くまで来ると、土台に土が付いている状態でした。

この土はシロアリが運んだ土であったり、排泄物であったりが混じったもののようです。

とくに床下が湿っているようにも思いませんでしたが、この土台の向こう側は浴室にあたるようで、その辺で湿気がこもり、シロアリが寄って来たのかなと思われます。

ちなみに脱衣場から浴室に入る入口の下は結構被害にあわれていました。

表面はちょっと古くなってきたかな?というくらいの状態でも、ふたを開けてみるとこの状態でした。

そのつもりになって見てみないと、普段使っている家は意外と気にならないものです。すこし剥がれていたり、色が変わっていても、『前からこんな感じだったかな?』と思う程度で済んでしまう経験はだれにもあると思います。

さて、注意してみるといっても、どう注意したらいいのか?というのは難しい話です。

ここでひとつ、次の画像を見ていただきたいと思います。

これは、一階の収納の中にあったバスタオルです。土が付いているのは、シロアリの通り道である蟻道と呼ばれる土の道です。部屋は、普段から使っている部屋だったそうですが、この収納は長い間開かれていなかったそうです。

シロアリは、木しか食べないわけでは無く、こんなバスタオルや段ボールなんかもぼろぼろに食い荒らしてしまうことがあります。


シロアリの対策や見つけ方などの情報は、検索すれば見つかると思いますが、なんでも無い時にシロアリの対策を検索する人はまずいないと思います。この日記を見た方は、少し家のための行動に気を付けて、できればどこかの誰かに、『すこし家のためにきをつけないとね』なんて話をしていただけたらすごくうれしいことです。


 
この記事のトラックバックURL
ボットからトラックバックURLを保護しています
2019.01.07
HOME / 日記 / スタッフ日記 /

あけましておめでとうございます

 

あけましておめでとうございます 大工の柏尾です。

いのしし年の2019年が始まりました。そして平成最後の年でもあるそうです。

これからもまじめな施工を心掛けていきますので、本年もよろしくお願いいたします。

 


 
この記事のトラックバックURL
ボットからトラックバックURLを保護しています
2018.04.21
HOME / 日記 / スタッフ日記 /

既存住宅状況調査士 (インスペクター)

こんにちは。大工の柏尾です。

 平成30年から『建物状況調査制度』の運用が開始されます。

 突然、『建物状況調査』といわれても、あまり聞きなじみのない言葉だと思います。場合によっては『インスペクション』という言葉が使われますが、同じものと思って大丈夫です。

 昔は「住宅現況検査」と言われていましたが、これらの言葉には明確な区分けは無いようです。

住宅状況調査

建物状況調査  ⇔ インスペクション ⇔  家の劣化状況の調査


状況調査    ⇔ インスペクター  ⇔  調査をする人


   住宅現況検査   ≒   住宅状況調査


 少し話がそれますが、平成25年頃の国土交通省のガイドラインでは、「住宅現況検査」の言葉が使われ、宅地建物取引業法の条文の中では『建物状況調査』という言葉が使われています。

 インスペクションという言葉はどちらともとらえられるような、広い意味を持つ言葉と考えられます。

 この『建物状況調査』ですが、〇建築基準法に当てはまるか

                    〇建物に異常がないか

                等を調査するものではありません

極端に言うと、壁紙がめくれているか、水道はうまく機能するか、等を調査します。

他には、床下、天井裏、外壁、基礎、等を確認し、全体的に劣化事象を確認していきます。  これらの調査は、中古物件の購入時に、物件の状況を購入者が正しく把握してもらうほか、既存住宅購入後のリフォームやメンテナンスをするときの参考にすることができます。

主に既存住宅の購入時にこの状況調査をすることになると思います。

ちなみに、最初に 「建物状況調査制度の運用が開始される」 と言いましたが、調査は義務ではなく、業者さんが、「調査事業者を紹介できますよ」と説明することが義務のようです。 紹介が義務ではなく、紹介できるかどうかを示すことが義務のようです。ややこしいですね。)

 

以前、私はこの技術者講習を修了し、登録証をもらっているのですが、基礎の鉄筋を検査する機械などを持っていないため、現状は状況調査が限定的に可能な状態になってしまっています。大工としての意見は言えるのですが、鉄筋の位置などはどうしようもありません。買うのはもったいないような・・買わずに資格を遊ばせるのがもったいないような・・・難しいところです。


 
この記事のトラックバックURL
ボットからトラックバックURLを保護しています
2018.03.20
HOME / 日記 / スタッフ日記 /

準備の準備の話

冬が終わり、段々と暖かく感じる日が多くなってきました。

会社でもタイヤを交換したり、春に向けての準備を始めています。

 もう少し暖かくなってからの話ですが、エアコンの交換をしておくのが良い時期なんだそうです。

 夏本番になってからクーラーを使おうとして、その時に初めて故障に気付いたとしたら、性能を比べたり、いろいろ検討する時間も無いままに、すぐ交換しなければいけなくなるそうです。 冬はストーブを使い、夏はクーラーを使うようなお家は特に注意したほうがいいかもしれません。

 そのほかにも、できれば梅雨本番までに雪で傷んだ屋根などは直しておきたいところですし、外壁の劣化も気にしておきたいところですが・・・、実際に、雨が降ってみないと雨漏りは見つけにくいものなんじゃないかと思います。

 お家は、立てた後もメンテナンスなどで何かと費用が掛かります。場合によっては数百万から一千万円が必要とも言われています。一度にそれだけ必要と言う訳ではありませんが、少しづつは用意しておくべきだと思います。

 急に交換であったり、修理が必要になって、焦らないように、事前に準備は必要だと思います。


 


 
この記事のトラックバックURL
ボットからトラックバックURLを保護しています
2017.10.16
HOME / 日記 / スタッフ日記 /

年末の準備

こんにちは。大工の柏尾です。

 

トップの画像にも使わせてもらいましたが、年末準備を始めています。

だんだんと肌寒い日が増えていき、窓を開けたり戸を外したりする仕事が頼みづらくなる季節だと思います。 ですが、ここで、お家の状態をしっかり確認できる、年末の大掃除がやってきます。

来年の話をすると鬼が笑う、と言いますが、今度の春以降に直すべき場所を見つけ、事前に一考してみる事も必要だと思います。誰が笑おうが、自分自身の住んでいる家の将来を考えることは、必要だと思います。

 


 
この記事のトラックバックURL
ボットからトラックバックURLを保護しています
2017.05.13
HOME / 日記 / スタッフ日記 /

現場だより はじめました

現場だより の項目をちょっと更新してみました。

はじめた、というよりは、また使い始めた。が、正しいのですが。

ちょっと、”ただの記録”にするにはもったいない記録画像もあったりするので、そういう画像たちを、ちょっとづつ見てもらえればいいなと思います。

 

 上の画像は、建具屋さんに無理を言って斜めのドアを作ってもらった画像です。


天井が、低くて斜めなので、既製品ではできない形を作ってもらいました。

建具屋さん、すごいです。


 
この記事のトラックバックURL
ボットからトラックバックURLを保護しています
2017.04.17
HOME / 日記 / スタッフ日記 /

外壁の寿命、ちょっと難しい話

こんにちは。大工の柏尾です。


近年、サイディングの寿命が近づいてきている住宅が多くなっていると思われます。

 サイディングとは、モルタル塗りの壁や、杉の板張りの壁とは違う、柄(がら)の付いた板をつかった外壁です。


 


こんな外壁です。

上の写真は、張り替えた後の写真できれいな状態のものです。



その外壁の板と板の隙間を埋める、コーキングと言われる、ゴムのような材料があります。

この外壁が何年も経ってくると、板の方は丈夫なのですが、コーキングと言われる、ゴムのような材料が先に痛んで、割れてきます。



上の写真のように、白いコーキングの部分が縮み、サイディングと隙間を作ってしまうことがあります。 (指はただの大きさの比較対象です。)

 このように隙間の空いた状態では、外壁の裏に雨水がどんどん入ってしまいます。


特に、私たちの住む但馬の地域は、湿気が多く、雨の多い地域です。風通しが悪かったり、日当たりが悪かったりと条件によっては、特に注意が必要な時があります。



上の写真は、わかりにくいかもしれませんが、サイディングの板から苔が伸びてきている写真です。ここまで極端な例は少ないかもしれませんが、こうなると下地の木材への影響や、最悪、シロアリの可能性も考えられる状態です。



1990年代、外壁をサイディングで仕上げる工事が、モルタル塗の外壁より多くなり、その頃からの住宅は、ほとんどサイディングだと思われます。そして、サイディングは、25年程で張り替えを検討する時期になりますが、コーキングや通気工法など、しっかりとした工事をし、定期的に塗装をして、そこまでしての寿命だと思われます。



予防は最も低コストな対策』です。サイディングを痛める前に、ましてや、構造体を痛めてしまう前に、コーキングのチェックをしてみる事をお勧めします。

 そして、これを目にした方の中の誰かが、この記事の内容を、少しだれかとの話題に上げてもらえれば、うれしく思います。









 
この記事のトラックバックURL
ボットからトラックバックURLを保護しています
53件中(1件〜10件を表示しています)   前   |